無力な弱者なので、クラウドワークスで搾取されています

最近、クラウドソーシングで仕事を受注することを試みています。

クラウドソーシングとは何か簡単に言うと、「仕事を発注したい企業(または個人)と、仕事を受注したい個人」をネット上で繋げるサービスのことです。募集内容は基本的に在宅ワーク中心なので、発注者とのやりとりから実際の仕事、そして報酬の受け取りまでの、全てをネット上で済ませることが可能です。

つまりクラウドソーシングを使えば、家から一歩も出ずに働けるのです。

人間と1秒も会いたくない社会不適合者の皆さんでも、インターネットを使って収入を得ることができる。無職でも始めたその日から「フリーランスやってます」と言い張ることができる。なんと夢に溢れたサービスでしょうか。

僕も当然、人とはあまり会話したくないですし、なるべく家にいたい。だけどお金はそれなりに欲しい。これは一度やってみるしか無いなという事で、代表的なサイトのひとつ「クラウドワークス」に登録しました。

どんな仕事が募集されてるか


クラウドワークスで募集されている仕事は、プログラミングやサイト制作など一定のスキルが必要なものから、データ入力やWebライティングなどの誰でもできる仕事まで様々です。

報酬は大抵の場合、時給制じゃなくて固定報酬制。「1時間働いたから900円」とかではなく、「1件あたり5000円」というような決め方をされています。やはり一定の技術を要する仕事はそれなりに報酬が高く、誰でもできる仕事は報酬も低いようです。

僕はといえば、持ってる技術はせいぜいExcelの基本操作と簡単なVBAくらい。ほぼ無力に等しいです。なのでデータ入力や加工と、Webライティングの案件を中心に探すことにしました。

蔓延るゴミクライアント達


で、実際に色々と求人を見てみたんですけど、素人目に見ても明らかに狂った発注者が多すぎる。カイジの地下労働の方がまだマシなんじゃねえかって思う。

例えば「URLをクリックするだけの簡単なお仕事です。1クリック1円!!!!」って感じの募集。どう考えてもアクセス数稼ぎたいか、広告踏ませたいかのどちらか。なんにせよ不正の手助けをさせる気満々です。倫理観が欠如している。

あと、ライティングの求人でよく見るのが「1000文字の記事を100円で書いてください!!!!」みたいなやつ。1文字たったの0.1円。無力な弱者を搾取する気満々の報酬設定です。まともな感覚した発注者なら、初心者相手でも文字単価0.3円くらいは払いますよ。

結局、報酬の高い仕事はスキルや経験がなければ請け負えない場合がほとんどなので、無力な弱者はナメられて買い叩かれるという構図です。こんなんでも応募しちゃう奴がいるんだから驚く。ちゃんと探せばもっとマシな発注者いるのに。

僕が受注した仕事


そんなこんなでブチ切れながらもクラウドワークスの求人を探し続けた結果、何とか2件の契約にこぎ着けました。

1つはWebライティングの仕事で、文字単価0.3円~0.5円くらい。

僕は文章書くのクソ遅いので、時給換算すると結構大変なことになります。でもまあ初心者だとこのくらいが相場みたいなので、スピード上げつつ単価アップを狙っていくしかないですね。

当たり障りのないポジティブなお悩み解決記事を書く必要があるため、気が狂いそうになります。でも自分の文章の価値がどこまで上がるのか試してみたいので、しばらくは続けるつもりです。

もう1つはExcelのリスト作成です。

こちらは報酬1000円弱。継続して受注できればもっと貰えると思いますが、まだわかんないです。データ入力系の仕事はいくらやろうが技術的な成長に繋がらないので、程々にやっていきたいです。

実際、クラウドワークスでどのくらい稼げるのか


で、実際1か月でどのくらいの収入になるのか皆さん気になると思うんですけど、僕自身始めたばかりなのでまだ正確には不明。恐らくは多くて1万円くらいです。バイトなら1日で稼げる金額ですね、ウケる。

現状、クラウドソーシングは一部の人間を除いて「金を持った強者が、無力な弱者を搾取する」ツールです。でもこれってつまり、能力が高くなれば搾取されないっていう当然の事なんで、そんなに悲観する必要もないと思いますね。流石に少しは規制して欲しいけど。

誰もが在宅で働ける可能性を提示したクラウドワークス。果たして僕はこの場所でどれほどまで這い上がれるのでしょうか。近いうちにまたご報告致します。ちなみに、クラウドワークスで月収20万以上を稼げる人間は、現時点でわずか111人とのこと。

皆さん、買い叩かれる僕を見て、おいしいご飯を食べましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。